セレナ 買取

査定の前に試してみよう!車のキズを綺麗にする方法

大きな傷はなくとも、長年乗っていればどうしても細かい傷はついてしまうもの。狭い道を通った時に、出ていた枝でひっかいたような傷、駐車場でおそらく隣の車のドアが当たったのかもしれないようなかすかなへこみ、など、よくよく見ると案外あるものです。

一般的に、使っているうちについた細かい傷については、査定にマイナスにひびくことはないようです。ただ、きれいならそれだけで印象がよくなるのは確実です。買取の査定の前には、洗車をするのはもちろんですが、そのような小さな傷も一気にキレイにできたらいいですよね。

本来なら、業者などに頼んできれいに磨いてもらう、というのはかなり有効です。お金はかかりますが、査定額がアップするのなら、十分にもとが取れるという人もいます。それは、最後の手段としてとっておくとして、自分でどこまでできるのか、それが知りたいところです。

まず、自分の車についている傷は浅い傷なのか、それとも深い傷なのかを見極めます。水をかけてみて、消えるような傷なら浅い傷で、消えないものなら少し深い傷ということになります。

浅い傷なら、細かい粒子のコンパウンドで磨けば目立たなくなります。少しずつ根気よく、小さい範囲から試してください。はじめから広い範囲でやってしまうと、失敗した時に取り返しのつかないことになるので、注意しましょう。光沢が出るタイプのものを選ぶといいです。あくまでも、傷を消すというよりは、目立たなくするのだ、ということですので、気になる場合はやはりプロに任せるほかありません。

また、少し深い傷の場合、よくタッチペンなどで隠そうとする人もいますが、よほど腕に自信があって慣れている人以外はやめておいたほうが無難です。まず色がピッタリと合わないことが多く、かえって目立ってしまうこともあるので気をつけましょう。その他に、凹みなど自分では直せないような傷なら、修理には出さず、外装は磨いてワックスするまでにとどめましょう。修理費のほうが高くつき、査定で元がとれないことが多いからです。大きな傷などは特にそうです。そこは腹をくくって査定に出しましょう。修理代より査定が下がるほうが安いことが多いようです。

言うまでもないですが、外装だけキレイにしていたのではだめです。ホイールを磨き、内装もすみずみまできれいに掃除をしましょう。案外査定では、車内や足回りが見られていることも忘れてはいけません。

古い車でも買取してもらえるかも?!

車が古くなったから買い替えたいけど、下取りなんてしてもらえるわけがないし、やっぱり廃車しかないかな……なんて思っていませんか?

廃車にするにはなんだかんだで安くても2〜3万円ぐらいはかかってしまいます。処分するにもお金がかかるなんてなんとなく腑に落ちないですよね。

そこで、どんなに古い車でも、傷があったとしても、一度買取業者に査定してもらうことをおすすめします。まずはインターネットで複数の業者に依頼できる、一括査定を申し込んでみましょう。業者によっては、査定0円ということもあるかもしれません。しかし、同時に意外な値段で買い取ってくれる業者もあるかもしれないのです。

なぜかといえば、まずは、いくら古くて傷があっても、それは外装で判断しただけのことで、中を見てみればまだ使える部品があるかもしれないからです。つまり、バラバラにすれば売れる部品があるというわけです。

また、日本ではもう古いからと乗らなくなった車でも、海外にはそんな車でも欲しいという人がいっぱいいます。さらに日本車は故障も少なく、性能がいいと認められているために、古くてもとても人気があるのです。バラバラにした部品も、海外へ輸出することが多いようです。

そのため、古いだけではなく、事故を起こした車でも、どこかに使える部品がある限り需要があるということなのです。

もう古いから価値がないだろう、と自己判断せずに、まずは査定をしてもらいましょう。意外な値がつくかもしれませんよ?

どっちがお得?車の下取りと買取

車を売る時には、誰でもできるだけ高く買い取ってもらいたいものですよね。もし今乗っている車を買い替えたい、というときには、下取りも考えると思いますが、買取と下取り、どちらがお得なのか気になります。

そのような場合、実際に下取りはいくらになるのか聞いてみましょう。また、買取業者にも査定をしてもらいましょう。買取業者もいろいろなので、複数の業者に査定してもらうと比較ができます。

一般的に、買取業者のほうが高く車を買い取ってもらえるようです。なぜなら、買取業者は中古車の売買を専門的にしているので、買取および販売のルートがしっかり整っているため多少高く買い取っても高く売れるような仕組みになっているのです。

逆に、下取りする店というのは、基本的に新車を売るのを専門としているため、中古車を買い取ったりオークションに出したりすることでコストがかさみ、どうしてもそれほど高くは下取りできない、といった事情のようです。

ただし、どちらにもメリットとデメリットがあります。

買取のメリットは、先述のとおりに比較的高く買い取ってもらえることで、デメリットは相場の変動が激しく、売るタイミングによっては損をすることがある点でしょう。

下取りのメリットは、車を買うのも売るのも同じ店なため、手続きが楽なこと、また、少々人気がない車種でも下取りしてもらえること、などがあります。デメリットは、やはり、下取りの値段が買取業者ほど高くないことが挙げられます。

以上のように、どちらがお得かは一概に言えないのです。車種や、車の状態などを考慮して、自分にとってどちらがお得かをよく検討してみてください。

時期によって買取価格が変わる?車を売るタイミングについて

車はいつ売っても値段が同じだと漠然と思っていませんか。実は、車を売るならいい時期があるのです。急いでいないのなら、少し待っていい時期に売ったほうがお得かもしれませんよ?

いい時期とは、まず、2月から3月にかけての時期です。4月は一年の区切りの月。新しい生活が始まるため、車が必要になる人は早めの2月頃から捜し始める人が多いというわけです。さらに、3月は決算もあるため、業者にとっては販売台数を少しでも多くしたいという心理も働いているので、車の買取にも積極的になるのでしょう。

次に、夏、冬の各ボーナスの前に売るのもお勧めです。ボーナスで車を買おうと計画している人は多いでしょうから、業者は多めに車を仕入れたいはずです。

また、ゴールデンウィークなどの大型連休前などもいいかもしれません。家族全員が乗れるような大きめのワンボックスカーなどの大きい車を売りたい場合はこの時期がいいでしょう。

時期ではないけれど、自動車メーカーのモデルチェンジがあるとわかったら、その前に売った方がいいです。自分の車が旧型になってしまうと、年式が古くなってしまい査定額が下がるからです。

他には、ロードスターやコンヴァーティブルといったオープンカーなどは夏に人気があります。また、コンパクトカーは春によく売れる、という特徴もあります。

もし売ろうと思い立った時、これらの時期にちょうど当たる、もしくは少し待てば時期になる、というのであれば問題はないのですが、時期を待つあまりに時間が経ってしまい、そのうち走行距離も伸び、年式も古くなっていた、なんてことがないようにしたいものです。一番いいのは、自分が売りたい時に売るのがいい時期とも言えます。それがいいタイミングなのかどうかは、運に任せるほかないのかもしませんね。

車を売ったら自動車リサイクル料は戻ってくる?

私たちは、車を購入したときに必ず自動車リサイクル料を納めています。廃車になった車を分解してリサイクルしたり、廃棄物として処理するのに多大な費用がかかるためにリサイクル法が制定され、車の所有者は必ず支払うことになっています。料金は車の重量やエアバッグの数などで決まるとされているので、車によって違うようです。

このリサイクル料を支払うと、リサイクル券が発行されます。これは、車を廃車するときに必要となるものです。ですから、もし車を売却することになったら、次の車の所有者にそのリサイクル券が譲渡されます。つまり、リサイクル料は全額戻ってくるのです。また、万が一リサイクル券をなくしてしまっても再発行ができるので、再度リサイクル料を支払う必要はありません。

もし、廃車にする時には当然リサイクル料は戻ってきませんが、車検が残っていた場合はその残った期間に応じて重量税が還付されますので、詳しくは陸運局で確認するとよいでしょう。他にも、自動車税、自賠責保険なども返金されます。それでも、廃車するにはそれなりの金額がかかりますから、税金の還付で相殺される程度と考えた方がよさそうです。

ところで、廃車にしようと考えている車があるなら、一度買取業者に査定をしてもらうことをおすすめしたいです。いくら古くてぼろぼろの車でも、外装から中身まですべてが使い物にならないとは言いきれません。実はバラバラにすれば部品として使える部分もあるかもしれないのです。さらに、海外へ輸出するという業者も多く、人気のある日本車は古くても売れるので、買い取ってくれる業者があるかもしれません。もし売れたら、廃車にする手間も費用も必要なく、リサイクル料も返ってきますよ!

車買取時の自賠責保険はどうなる?手続きあれこれ

車を売る時、残っている自賠責保険は返ってくるのでしょうか?結果からいうと、自賠責保険として返金されることはないと思ってください。もし廃車にした場合、自賠責保険は返金されます。しかし、車買取業者などで車を売った場合、査定額は、還付されるはずの金額を含めたものになっています。

どうしてこのようなシステムなのかというと、自賠責保険の返金の手続きには必要書類がいくつかあり、手間も時間もかかるため、車を買い取る度に手続きをいちいちするよりも、次の車の所有者の名義変更が終わった後に、車と自賠責保険を一緒に渡すほうがスムーズだという状況があるわけです。それに、買取の度にいちいち手続きをして返金していたら、今度はその、車検も自賠責もない車を買う人がでてきて、それもおかしい話になってしまいます。

そのような事情で、一般的には返金されないのですが、返金されるはずの金額が買取額に上乗せされていると考えたらいいと思います。つまり、車検が残っている(自賠責保険が残っている)ということで、査定額にもそのぶん上乗せされているはずなのです。

ちなみに、自動車税についても同じことが言えます。残っている自動車税も買取業者から返金されることはありません。自賠責保険も自動車税も、買取額の中に含まれているのです。この方法は、どこの店でも同じですが、「上乗せ」の金額などは店によるので、自分で還付されるはずの金額を予め調べておくと良心的な店かどうかがわかるかもしれませんね。

一緒に査定?外して査定?車のパーツは賢く売ろう!

車を売る時に悩むことのひとつに、後でつけた社外パーツをどうするかということがあります。メーカーオプションでつけたものは、その車に合ったものであるうえに人気があるため、外さずにそのまま査定してもらったほうがいいようです。しかし、社外パーツに関しては一概に人気があるとは言えないのが本当のところです。

社外パーツは、ほぼ個人の趣味で選ばれたものです。趣味は人それぞれですから、中古車に社外パーツがついているとかえってそれが仇になることがあるのです。ですから、社外パーツは外して、別に買取業者に買い取ってもらうことをお勧めします。車を高く売りたいという人は、使わない純正のパーツでも、ぜひきちんときれいなまま保管しておくとあとで助かります。

社外パーツで人気があるのは、新しいカーナビ、そして、アルミホイールなどです。もちろん物にもよりますが、人気のあるものなら、車につけたままでもいいし、外してパーツの買取業者に売っても、高く買ってもらえるかもしれません。また、もし高価なカーナビを買ったのであれば、ぜひ次の車で使うことも考えたほうがいいでしょう。

社外マフラーに関しては、きちんと車検に通ったものであることが鉄則です。状態がよければつけたまま売りましょう。そして、純正マフラーももちろん一緒につけて買取にだしてください。万が一マフラーに劣化があった場合などに助かります。

このように、一般的に社外パーツは、車に合ったものであればそのままつけて査定すると十分プラスになり得ます。ただし、査定時にプラスにならない場合は、外してパーツ買取業者に買い取ってもらうほうがいいでしょう。そのためには、繰り返しになりますが、純正パーツはきちんととっておくことが重要になります。

車買取後の代車は大丈夫?車を売却してから次の車まで

車を売りたいなと思った時が売り時、などとよく言いますが、思い立ってすぐに車を査定してもらったら満足がいく値段だったため、トントン拍子に買取が決まってしまったなんてことはあるはずです。そんなとき、次の車がもう決まっていて納車もすぐされるのであれば問題ありませんが、大抵の場合、納車は少し待つ状況になるのではないでしょうか。

通勤で車を使っているような人なら、一日でも車がないと不便ですよね。そのようなときは、大抵どの店でも無料で代車の貸し出しをしてくれるはずなので心配はしなくても大丈夫だと思います。ただし、念のため、代車が必要な旨を申し出ておくほうがいいです。繁忙期だと、代車が間に合わなくて借りられなくなるなんてことがあると大変です。

下取りの場合なら、売るのも買うのも同じ店ですから、代車の手配なども特に問題なく行なわれるでしょう。買取の場合でも、代車のことは確認しておけば問題ないはずですが、たまたま代車がなかったりすることもあるので早めの確認をおすすめします。

もし、新しい車の納車が何ヶ月も先、などという時はどうしたらいいでしょうか。買取の契約後であれば、時間の許す限り買取店で代車を借りる、ということになります。何ヶ月か借りられるところもあるようですが、そこは要相談でしょう。また、車を買った店でも代車が借りられるはずなので、もし長い期間代車が必要なら、できるだけどちらかで借りておき、残りはもう一つの店で借りる、などもいいかもしれません。

ただ、やはり車の買取、購入ともに、計画的に行ないたいものです。車は生活の一部ですから、少しでもなくなると仕事や日常生活に支障をきたします。納車が何ヶ月も先になるのであれば、納車に合わせて買取してもらう、というのが一番かもしれません。

エンジンの状態は買取時にも関係する?エンジンを長持ちさせる方法

車を高く買い取ってもらうために必要なのは、言うまでもなく車の状態がいいこと。もちろん、外装や内装も関係があるでしょう。しかし、車は走るためのもの。まずはいい走りができることが絶対条件となります。つまり、走るために中心となる心臓部分であるエンジンがいいこと。これは外せないポイントとなります。

エンジンには種類や構造にさまざまな種類があり、排気量、出力、回転数などもそれぞれ違い、値段もそれこそピンからキリまででしょう。中古車で大事なのは、日頃からいかにエンジンに負担をかけない走りをしているか、また、メンテナンスをきちんとしているかが鍵となります。

まず、新車の時にどのような走りをしたかが影響すると言われています。できたばかりのエンジンなので、馴染むまでは無理な走りをせず、回転数も3000から4000へと徐々に上げていくような運転をするといいようです。急な加速などでキズをつけたりすると、あとあとまで影響するので注意しましょう。

それから、エンジンオイルはいいものを使うこと。いいもの、といっても難しいのですが、よく言われているのが、粘度が高いほうがいい、ということです。仮にエンジンオイルがさらさらしていたら、摩擦にやられてエンジンがダメージを受けてしまいます。また、エンジンオイルがあることで、熱を吸収しているため、粘度がないとエンジンの温度が上昇してしまうのです。

そのため、いいエンジンオイルを使うということは、エンジンを長持ちさせるためにはとても重要なことなのです。価格が高いか安いか、ではなく、もともとの車に合った推奨エンジンオイルよりも少しだけ粘度が高く、温度によって粘度が変化しにくいオイルを選ぶということが大事なのです。

そして、交換サイクルは、メーカーが指定している期間、または走行距離に従うことです。もしそれ以上に車をよく乗っていて、普段から少し無理をさせているな、と感じていれば、決められた走行距離にいっていなくても早めに交換したほうがいいでしょう。

また、長い間乗らずに放っておくのもよくありません。久しぶりに乗る時にはオイルが下へ落ちてしまっていて、シリンダーとピストン部分にオイルがなく摩耗してしまう、なんてこともあるかもしれません。適度な運転を習慣づけて、メンテもきっちりすることで、エンジンを長持ちさせましょう。

輸入車って高く買い取ってもらえるの?

輸入車はおしゃれで個性的なデザインが多いですよね。ですから、好きな人にとっては人があまり持っていない、自分だけの素敵な車というわけです。当然、持っている人がいないので、希少価値もあります。そのため、もしその車を売却する段になると、逆にそれが仇となってしまいます。つまり、欲しい人が少ない車を売るとなると、高く買い取ってもらうのは難しい、ということになるのです。

しかし、輸入車だから買取は難しいと一概には言えません。人気車種は売れやすいので、輸入車でも色や車種が人気のものであれば、高く買い取ってもらえるはずです。

いずれにしても、できるだけ高く買い取ってもらうためには、自分の車の相場はいくらぐらいなのかを知っておくことがカギとなります。インターネットで複数の買取業者に査定をしてもらえる「一括査定」を利用するのもいいでしょう。そこで得た自分の車の相場は、実際に買取店へ直接出向いて査定をしてもらうときに役に立つはずです。

買取業者は、できるだけ安く買って高く売りたいわけですから、車の値段の相場を知らないと判断すると、安く見積もられることもあるわけです。あとは、いくつか買取業者を回り、高く買い取ってくれるところを選べばいいのです。ですから、相場を知るのはとても重要なことなのです。

もし、自分の車がとても個性的でなかなか売れない、などというときには、次に買いたい車を売っている店に下取りをお願いするのもひとつの方法です。新車を買ってもらえるなら、あまり人気のない車でも下取りしてもらえるはずですので、掛け合ってみましょう。

ただ、一度は好きになって買った車が、人気がなくて売れない、などというのは少し切ない気がしますね。輸入車などは特に自分の好みで買うことが多いはずなので、本当なら廃車まで長く乗ってあげるのが一番じゃないかなと思うのですが、どうでしょうか。